ウコン

日本にマカが普及したのはいつごろ?

日本でマカが普及したのは比較的最近だということはご存知でしょうか。
原産地のペルーと比べると日本では歴史が浅いですが国産の商品はとても高品質です。
現在では多くの人が日本で製造された国産の商品を購入して愛飲しています。

マカとは原産国ペルーではインカ帝国時代からパワーをつけるために食べられてきたと言われるほど歴史が古い植物です。
現在でもペルーでは多くの人が滋養強壮のためにマカを摂取していますが、日本に入ってきたのはいつ頃か知っている人は意外と少ないです。
日本では滋養強壮効果があって夜の営みでも効果を発揮することができるとして、男性には知られた食品でしたが、男性に限らず女性にも知られるようになったのは1997年の秋だと言われています。

この年にペルーの会社の日本支社が健康に役立つことができる食品として紹介したところから始まりました。
さらに1998年にはペルーの大統領が来日されたときに特産品としてマカという植物が紹介されたこともあり、ここでも広く知られることとなりました。
その後2000年代に入ってテレビでも紹介されるようになってから一気にマカが健康や美容に効果があるということが広まっていきました。

現在では男性に限らず女性でも愛飲している人が多く、健康以外に美容効果も期待して様々なタイプのサプリメントや粉末状の商品が販売されていてとても売れています。
また国産の製品は凝縮度がとても高くて高品質で安心して利用できる商品が販売されています。
これらの商品は薬局やドラッグストアやインターネットの通販サイトで販売されています。

このように原産国のペルーと比べると日本でのマカの歴史は1997年に始まっているのでとても浅いのにも関わらず、高品質の製品を製造することに成功しています。
外国産の製品は粒が大きかったり独特なにおいがあって日本人には合わないこともあるので、国産の製品をおすすめします。